カタログダウンロード

オフィシャルサイト

メデイア情報掲載

AP平井工業株式会社

〒158−0096
東京都世田谷区玉川台1-4-6
TEL:03-3709-5888
FAX:03-3709-5889

東京キ知事許可
(般-22)第15666号

こんな場合にお役に立ちます

1.アルミ246YH/Mパネルがお役に立ちます。
こんな既存のOAフロアのトラブルや不具合をアルミ246YHパネルが解決します。

■歩くとガタ・ゴト・パタ、気になる

■天井が低くなってしまうので、低床型を選んだら配線空間が足りない。

■配線空間が足りない。いらない通信LANのケーブルとサーバー周辺の配線を整理したい。

■大量の配線がもう入らない・今後の配線改修工事のスペースが心配。

■コネクター類が入らない。アップコンが納まらない。

■床スラブの荷重が心配。

■カーペットが剥れる。

■原状回復工事の産廃処理費がかかる。

■糊がつきすぎで開閉しにくい。パネルを元に戻しにくい。

■サーバーに多対ケーブル・分電盤周辺・電気配線のFケーブルが硬くて束になると床下収納しにくい。

■電磁波・静電気防止の床材を探している。

■床下の通信回線を踏んでしまうトラブルがある。

■一寸した配線を自分でしたいが取り扱いが面倒。

■オフィス床の安全・BCP対策もしておきたい。

■パーティションのビスが効かない。

■オフィス空調の設定温度を高くすると、顔がほてる、足元が寒い。

246YHパネルがまとめて解決致します

246YHパネルは足間隔が人の足跡長より狭いので歩行時は床が直接体重を受け止めます。いわゆる太鼓鳴りしない、ハードな歩行感をお試しください。

一体成型のアルミ製246YHパネルはお膳型なので陥没しません。

4脚のスパンが短く分散支持しますので、強度の安定性が高く、4トンの許容耐力があります。

パネルをキャットブーツ(PAT.)に履かせ接合します。お互いに曳きつけ、脚部がテコになり外れにくい構造になります。床に接着していません。

地震の時、ネット状で一体となり躯体上を滑動します。スライドし壁に当たる時、表面の1〜2mmの隙間はショックアブソーバーとしてオフィスフロア及び什器備品や機器への水平加速度を低減します。免震耐震置敷式二重床です。

2.お住まいに・ワークスペースにも施工は簡単 *自分で出来る*

  • 接着剤は使いません。
  • 246YHパネルを直接敷けば、根太組は不要です。
  • ご自宅の床下空間は断熱材・遮音材の収納にも床暖房にも活用出来ます

[1]オフィスから住まいへ-住まいにアルミOA246YHシステム床-

先進の地熱空調のお住まいに地下の書庫兼ミーティング室にアルミ246YH/Mシステムをご選択いただきました。

[2]足元が冷えるコンクリートスラブのリビングに246YH/Mシステム

タイルカーペットをソフトフローリングタイル仕上げにしました。フロアスマートコンセントを増設したので、家具を配置換えしても、これからはコンセントの位置が簡単に変えられます。

[3]友人の家

畳をはがして根太組は不用ベニヤで補強。246YH/Mとソフトフローリングタイル仕上げも自分で簡単施工。コンセントの位置変え・余分な線類は床下ですっきり。床下収納スペースに満足しています。

[4]コンビナート

別室のコーナーにサーバーを設置しています。周辺2平米弱を246YHパネルで二重床にしました。点検・スロープのアイデアがあります。納品は宅急便で、情報室のスタッフが簡単施工で完了。

[5]最初にホームページを見てお問い合わせいただいたお客様

アトリエのフロア平面図をCADで作成し、246YHパネルの枚数とボーダー(壁際・端部/M)のカット枚数の明細をFAXでいただきました。宅急便で納品し、施工方法は電話とマニュアルで問題なく、あとは「自分で出来る」とのことでご注文いただきました。ご満足いただいたようです。

3.ご提案します

■配線の多いエリアだけのOAフロアの交換と床下配線のBCP対策

配線が集中しているエリアはメインの広い避難通路でもあります。246YH/Mパネルに改修のご提案をします。

▼平常時は点検作業とトラブルの箇所の取替えもフリーアクセスつまり床下が自由空間なのでスペースに余裕ができます。多対ケーブルも硬いFケーブルの束もすべて配線収納し整理できます。

▼大きな地震が発生した時、オフィスの二重床の復旧は時間を要します。 *246YHパネルは一体成型で頑丈*陥没しません*配線・コネクター類をガードします*耐震免震床(PAT.)です*246YHパネルはBCP対策のお役に立ちます。

■計画的にハイブリッド床から全面改修のご提案

既存の床高さ5cm以上の支柱式・置敷式のOAフロアでも改修(交換)工事は平常の業務に支障なく施工ができます。

▼既存OAフロアを剥がす撤去→配線はそのまま/PCご担当立会いで→246YHパネルを敷設する。

■オフィスの机什器備品を移動しながら簡単に246YH/Mシステム工事もできます。

施工例資料でご説明します。お問い合わせください。

詳しくはこちら

[1]スーパーコンピューターからの多量の構内配線

既存の床高さ5cm以上の支柱式・置敷式のOAフロアでも改修(交換)工事は平常の業務に支障なく施工ができます。

[2]大規模改修工事事例で ご提案します

面積1400m²のオフィス。既存の支柱式OAフロア・床高10cmのOAフロアを撤去→すべての配線は現状のまま→200m²のエリアを7週毎の休日作業で246YHシステムフロアに改修しました。オフィスは平常業務。2001年の夏から現在までノントラブルです。

お客様のご要望をうかがい、施工計画を作成し、ご提案します。

どうぞお気軽にお問い合わせください。